【海外の反応】福島の避難区域に今も住み続ける男性…その悲しい理由とは??外国人「彼はヒーローだ」

避難区域最後の農家

福島第一原発から半径20キロ以内に位置する富岡町は現在避難区域に指定されています。多くの住民は故郷を離れ避難生活を続けていますが、松村直登さんは今も見捨てられた牛たちの世話をしながらこの町で暮らし続けています。

松村さんもはじめは町から避難したと言います。しかし逃げた親戚の家では放射線に汚染されているからという理由から玄関で追い返され、さらに逃げた先の避難所も定員が一杯となっていたため、結局町に戻って来ることになりました。戻ってきた直後は異様な静けさ、そして孤独から言い様のない不安に襲われたそうです。しかしそれでも町に住み続けたのはやはり動物たちを見捨てることができなかったというのが大きな理由とです。

国からは野放しになった家畜を屠殺するようにと指示がありましたが、松村さんは断固拒否しました。「人が食べるために屠殺するのならば気にしない。ただ無意味に殺すのだけは許さない。命とはそんなものじゃない。」

ある時病院で松村さんが被ばく量の検査を行ったところ医者から日本チャンピオンだと言われたそうです。「直ちに影響はない」この言葉はある意味正しかったのでしょうか、50歳を超す松村さんは30年後に死ぬ予定だと笑いながら語っています。

動画の終盤では瀕死の牛の親子の話出てきます。思わず泣きそうになるくらい悲しい話で松村さんがここに残り続ける理由が少しわかった気がします。

 

海外の反応

Katicus

動物の死にざまを語っている時の目はまるで自分の一部が死んでいくかのような目をしてる。

 

Shoaib K

爆発が人々に与えた影響を考えると悲しい…彼はヒーローだね。

 

Chanel Bravehart

動物たちを安楽死させることはできなかったのかな?餓死なんて辛すぎる、きっとたくさんできることがあったはずなのに!彼の故郷に神の祝福がありますように。

 

missvanillabean

動画を再生中泣きっぱなしだったわ。多くの人が見捨てた動物たちに価値を見出す彼等を尊敬するわ。

 

Mahad Ahmed

動物たちを見捨てることができないから、自らの命を危険にさらす…。伝説の男だろ。

 

Joseph Neutral

これでもまだ日本に行って寿司を食べたいやつがいるのか?

 

MrDumbass

親戚が冷たすぎないか…。

 

Check Mate

たばこを吸っている姿が超クールだね。

capture1

↑the man

落としたたばこもくわえてたね。

 

↑Check Mate

爆発した原発のそばに住んでる男がそれぐらいの汚れを気にするわけがないだろ。

 

Ovde Blizu

きっと農場にコカインを隠しているな。見た目がギャングスターだ。

 

Lorenzo Rozelnox

なんて心揺さぶられるドキュメンタリー…。

 

KenzuGaming

「人も動物もみんな同じだ。無意味に人を殺したりするのか?」彼は優しい人ね。

 

↑CaptYellowBeard

彼は食べるためなら気にしないって言ってる。これは矛盾じゃない?

 

↑koshermal

矛盾じゃねーだろ。動物を殺すのがいやだったら農家になんかなったりしないよ。ただ牛たちを無意味に残していくことが我慢できなかっただけだ。

 

Feelin’ The Aster.

この人素敵過ぎる。so rad.(※radはスラングで素晴らしいという意味ですが、ここではradiation(放射能)ともかけているようです)

 

fuhrer l

これだけ放射線濃度の高い地域で暮らしていてまだ健康でいられるってありえるの?体が環境に適応するために進化したとか?

 

Zander Wilson

この話を聞いたら、僕が抱える悩みなんてちっぽけなものに思えてきた…。

 

Anirban Banerjee

神ですら彼のような男の前ではひれ伏すよ。

☟おすすめ外部記事

 

☟海外の反応人気ブログランキング

 

☟おすすめ記事

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

世界の美女(画像をクリック)

日本の風景