【海外の反応】外国人「マジかよ、、日本のサルって風呂入ってんの??」

動画

動画紹介

今回、海外の動画で紹介されていたのは長野県にある『地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)』
『地獄谷野猿公苑』は、温泉に入るニホンザルが観察できることで名高い場所です。

地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)-長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉にある野性のニホンザルの保護および観察を行っている野猿公園。冬場に温泉にサルが浸かる国際的な観光地。英語圏では“Snow Monkey Mountain”とも呼ばれる。…1964年の開苑当時、好奇心旺盛な仔ザルが付近の旅館「後楽館」の人間用露天風呂に入浴。それを大人のサルが真似をしたのが始まりで、のちに、衛生面から「猿専用の露天風呂」が整備された。2012年末現在、50-60頭が12月から3月の間に入浴する。サルが温泉に入るのは、体を清潔にするなど水浴びの意味ではなく、雪が降るほどの寒さをしのぐためのものと考えられている。-Wikipedia

<以下、キャプチャ画像>

”訳「外が寒い時は、温かいお風呂につかって体の冷えを取るのに限りますが、(日本の)サル達は素晴らしい場所を見つけたようです。」”

”訳「日本にある地獄谷は、年間の3分の1は雪で覆われている場所です。この場所は、高地に存在し、切り立った断崖や泡立った温泉の湯気が立ち込めている様子から、『地獄の谷(Hell’s Valley)』の名称で親しまれています。」”

”訳「ニホンザルはこの寒い環境に適応するために、実に興味深い手法を取っていることが判明しました。1960年代の初め頃、これらの賢くて、好奇心旺盛なサル達は、森から移動してきて温泉に浸かるようになったのです。それ以来、サル達は(冬の間に)体を温める場所として、この場所を活用するようになりました。」”


”訳「これらのニホンザルは群れを成しています。群れの範囲は、10頭から161頭と幅はあるものの、だいたい41頭くらいの群れで構成されています。」”

”訳「高い山々の中にあって、これらの賢いサル達はリラックス出来る素晴らしい方法を発見したようです、、、。」”

 

 

海外の反応

Queena Anggitasari

サルが可愛いって思っちゃうのは自分だけかね??

↑michael cho

うん、めちゃくちゃ可愛いと思うよ!!

 

Ultimate Gandhi

サル達はお湯から上がった後はどうなるんだ??
凍っちゃうんじゃない??、、、毛皮でも持ってんのかな??

 

Linh Tong

俺より良い生活送ってるよ、、、、、。

 

ArrowHeart

なんて美しい光景なんだ!!

 

GamerDerp

温かいお風呂なんて何ヶ月も入ってないよ。。。

 

GreyWolf

あのサルになりたいわ〜。。。

 

nilstkkt

実際は雄ザルはあの場所に入ることは許されてないんだ。雌ザルとその子供達の場所なんだよ、あそこは。

↑Anonymous

このソースある??とても真実だとは思えんが、、、俺も専門家ではないからな。

↑nilstkkt

確かフランスかドイツのテレビ番組で、、『Arthe』とかいう名前の番組でやってたから、本当だと思うよ。

 

Liyeta R

サル達は、温泉の中でおしっことかしないのかね??

 

Jewalify Official

いったい風呂は何度くらいが適温なんだろうって思うよ。

↑acatinny

だいたい日本だと、38度から45度くらいのお風呂に入るよ、、まあ季節とか個人の好みにもよるけど。自然の温泉の水温は変化し易いとは思うんだけど、(この温泉の場合は)水温がサル達にとって熱すぎる場合とかは、冷水を入れたりして適温になるように、人間がコントロールしてるんじゃないかな。

 

Fire Thylacine/strong>

そして、かれこれ50年も経つとは、、、、、。

 

Spider Infested Tacos ] S.I.T

今まで見た中で、一番惹きつけられる動画だよ。

 

65gavinful

動画では言われなかったけど、あそこはチンパンジーの夫婦によって経営されているんだ。

 

Julian Shannon3

wwwww
ニオイについて動画では紹介し忘れているね。特に若いサル達は、お湯の中で排便する傾向にあるらしいんだ。
行ったことあるけど、たくさんのウン○が水面に浮いてたよ、、、、、、。

 

Funny Bone

マジで、行ってみたいわー。。

 

 

ワンダーラスト

なんか、、、、すごい気持ち良さそうですね。
天然の温泉なんて、贅沢な暮らしを送ってるなあと思ってしまいますwwww

☟おすすめ外部記事

 

☟海外の反応人気ブログランキング

 

☟おすすめ記事

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

世界の美女(画像をクリック)

日本の風景